共同募金(自分の町を良くするしくみ)

〇赤い羽根共同募金

(実施期間:10月1日~3月31日)
 共同募金運動は、昭和22年(1947年)に「国民たすけあい運動」として始まり、当初は戦後復興の一助として戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動として機能してきました。その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)という法律をもとに、民間の社会福祉の推進のために活用されています。
 現在は、赤い羽根共同募金として定着しており、都道府県単位に共同募金会が設置され、市区町村単位で実施し集約します。銚子市は銚子市支会として、社会福祉協議会が事務処理を担当しています。集まった募金は、千葉県共同募金会で集約し、約70%が地元で使われ、約30%が千葉県全体の福祉に活用されます。千葉県共同募金会では一部を「災害準備金」として積み立てて、大規模災害時の被災地を応援するため使われます。

 

〇歳末たすけあい募金(実施期間:12月1日~12月31日)
 歳末たすけあい募金は、共同募金の一環として、新たな年を迎える時期に支援を必要としている人々が、安心して暮らすことができるよう、地域のみんなで支えあうことを目的とした運動です。この募金は全額寄せられた地域にて活用されます。

平成30年共同募金運動(平成30年10月1日~平成31年3月31日)
平成29年度の配分金の用途も掲載しています。
H30KYOUDOUBOKIN.pdf
PDFファイル 117.9 KB

*全国社会福祉協議会はこちらから

*千葉県社会福祉協議会はこちらから

*銚子市のホームページはこちらから

*中央共同募金会はこちらから

*千葉県共同募金会はこちらから